直線上に配置 
 
 
2021草津市合唱のつどい 
   

 昨年に引き続き,無観客で行われました。曲は滋賀県合唱祭の時と同じ,「つながり」「ひとつの朝」でした。
「つながり」は,東日本大震災直後に歌われた,被災された人たちとの心の交流の歌ですが,今回のウクライナの
人たちの状況をみるにつけ,同じ空でつながる彼らを応援したい気持になります。
 (指揮:福嶋あかねさん,ピアノ:神永強正さん)

 
1.草津市 『合唱のつどい』 
2.日時:2022年3月21日 
3.場所:草津クレアホール 

4.参加団体:9団体
  (1).少年少女合唱団 星の子
  (2).メロディーキッズ・ピッコロ
  (3).草津エコー
  (4).はもーる・フェリーチェ
  (5).コール・ソーレ
  (6).コーラスあざみ&コーラスどりいむ
  (7).混声合唱レッツ・ハーモニー
  (8).レインボーコーラス
  (9).
混声合唱団 草津カンタービレ
 
   
 

滋賀県合唱祭“番外編” 
   
   
  (画像は,他の団員の方から頂いたものです)

  全国でコロナ禍が蔓延する中,滋賀県も例外ではなく,県主催の本格的な合唱祭は中止になりました。
そんな中,“番外編”として無観客かつ最少人数で開催されました。


1.場所:守山市民センター
2.日時:2022年2月13日
3.状況:例年20団体近い参加があるところ,今回は9団体のみ
      (「草津カンタービレ」でも10名ほどの欠席がありました。)

原則写真撮影は禁止で,録音のみ。
トップバッターで2曲(「つながり」,「ひとつの朝」)を歌いました(指揮:福嶋あかねさん,ピアノ:神永強正さん)
ちなみに,最初の「つながり」は2011年8月,震災後の福島県高校総合文化祭で歌われたものだそうです。
   

国スポ・障スポイメージソング“シャイン”録音
 

2021年1226日,雪のちらつく東近江市の八日市文化芸術会館にて,2025年に滋賀県で開催される予定の
国民スポーツ大会(旧
.国体)及び全国障害者スポーツ大会(国スポ・障スポ)用のイメージソング『シャイン!!』
のレコーディングに参加しました。

マイクが高性能のため,楽譜をめくる音も注意されましたが,無事終了しました。
今回の録音は,上記スポーツ大会の開催まで,HPからのダウンロードやCDなどで滋賀県内各所に配布され,
いろいろな場面で歌われることになっています。

 
   
  その様子が,2022年2月18日(金),びわ湖放送『オモロしが』にて放映されましたので,引用します。 
 
         

2021草津市合唱のつどい
  2021年3月20日,草津クレアホールにて,『草津市合唱のつどい』が無観客で開催されました。
草津カンタービレは,女声2曲,男声2曲を歌いました(指揮:福嶋あかねさん,ピアノ:福田葵さん)

女声は (1)Far Away (彼方の光) ,(2)いのちの歌 でした。
男声は (1)いのちの歌 ,(2)明日に架ける橋 (Bridge Over Troubled Water)でした。

 トップ アイコン トップページへ戻る