直線上に配置



(1)氏名,その他

  ふたむら(二村)といいます。
  1951年生まれの団塊世代(後半)で す。

 
また, 出身は,岐阜県下呂市萩原町です。
   
(下呂市は,平成16年3月1日,益田郡の萩原町・下呂町・金山町・小坂町・馬瀬村が合併して誕生しました。)

(下呂市萩原町と飛騨川(木曽川の支流)   <岐阜県下呂市の位置>

 
昭和49年一民間企業に就職し,40年間勤務後,平成25年6月末をもって退職しました。
 その間,平成6年に,20年住んだ大阪から
琵琶湖のほとり(滋賀県草津市に引越してきて,20年になります。

 
会社では粉粒体(ふんりゅうたい)ハンドリング装置(粉粒体の貯蔵,排出,供給,空気輸送,混合,分級,分離などを行う装置)の実験,研究開発および設計等を主として行っていました。これは,『(こな)』や『(つぶ)』をとり扱う仕事です。

 
このHPでは,(1)琵琶湖周辺の景観(近江の四季と,(2)私たちの身近にある「粉粒体」に関連する一般的事および文献やカタログ等で公知になっているやや専門的事項の紹介を主体としています。
 (なお,お気づきの点がありましたら,ご教示ください。)

(2)発表,報告など
No.           タイトル       場所,誌名,時期等
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1. 3次エアー式フロスセパレータについて a.粉体工学会研究発表会(1986)
b.粉体工業技術協会輸送分科会(1986)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2. 混合比および輸送圧の大きい条件での粒体の浮遊輸送 a.粉体工学会研究発表会(1991)
b.粉体工学会誌,vol29,p.344(
1992)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3. 粒体の空気輸送特性におよぼす気流速度の影響 a.粉体工学会研究発表会(1991)
b.粉体工学会誌,vol29,p.603(1992)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
4. 粉粒体の空気輸送特性におよぼす気流速度の影響 a.北陸化学工学懇話会(1992)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
5. 粉体の空気輸送特性におよぼす気流速度の影響 a.粉体工学会研究発表会(1992)
b.粉体工学会誌,vol30,p.477(1993)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
6. 粉粒体の貯槽および空気輸送における特性と閉塞 化学工学,vol57,p.186(1993)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
強付着性粉体の空気輸送システムおよびその輸送特性 a.粉体工学会研究発表会(1993)
b.粉体工学会誌,vol31,p.561(1994)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
プラグ輸送性におよぼす粉粒体の粒度と形状の影響 a.粉体工学会研究発表会(1994)
b.粉体工学会誌,vol32,p.557(1995)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
9. 粉粒体の空気輸送と閉塞問題 (株)テクノシステム (1995)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
10. プラグ輸送の圧力損失とスケールアップ a.粉体工学会研究発表会(1995
b.粉体工学会誌,vol33,p.121(1996)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
11. 空気輸送装置の運転管理と保守・保全 化学装置,no.5,p.96(1997)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
12 粉粒体のプラグ輸送特性とスケールアップ 混相流学会講演会(1997)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
13. 高シール性ロータリーバルブを用いた粉粒体の空気輸送 粉体工学会技術討論会(1997)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
14. ネガテクノロジー
粉粒体の貯槽および空気輸送における特性と閉塞
化学工学会関東支部(1998)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
15. 高濃度プラグ輸送のスケールアップ 機械学会関東支部講演会(2002)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
16. プラグ輸送のスケールアップ(専門講座) 粉体工業技術協会輸送分科会(1996)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
17. ネガテクノロジー
粉粒体の排出および空気輸送における不安定現象と安定化対策
岡山地区化学工学懇話会(2005,3,25)
http://www.optic.or.jp/kakou-konwakai/
gyouji/2004/050325.htm
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
18. Pressure Drop and Scale-Up Design of the Plug Type Pneumatic Conveying Lines powder handling processing
vol17,no.1,January/February (2005
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
19. 粉粒体の諸物性とハンドリング時の不具合対策例 粉体工業技術協会
   バルクハンドリング分科会(2007)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20. 咬み込み低減ロータリーバルブを用いた合成樹脂粒体の
経済的空気輸送
粉体技術, vol1,no.3,p.64 (2009)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
21. わが社のプロフィール」 粉体技術, vol2,no.4,p.76 (2010)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
22. 高薬理活性医薬品等のハンドリングに用いる封じ込めバケットりフター」 粉体技術, vol3,no.1 (2011)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
23. 「高薬理活性医薬品の「封じ込め技術(Containment Technology)について」 Associate Information
(発行:大阪技術振興協会)
,no.415, (2011)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
24. 「近江の冬の祭り“おこない”」 Associate Information
(発行:大阪技術振興協会)
no.436, (2013)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
25. 粉体・ナノ粒子の創製と製造・処理技術」(共著)
http://www.techno-s.co.jp/publish/funtai.htm
(第6章第6節
「空気輸送システムの設計とトラブル対策」
発行:(株)テクノシステム
2014年11月17日
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  
26.  セミナー
 「粉粒体の空気輸送システムの設計(基本と応用)」
主催:(株)テックデザイン,
2016年4月8日
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
27.  セミナー
 「粉粒体ハンドリングの基礎とトラブル対策」
主催:(株)テクノセンター,
2016年9月1日
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
28.  セミナー
 「粉粒体の空気輸送システムの設計(基本と応用)」
主催:(株)テックデザイン,
2017年4月11日
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3)資格など
 ・工学博士(大阪大学) (1995)
   博士論文タイトル:
   
 『粉粒体の高濃度空気輸送 −実機装置への適用に関する研究−』
      (粉粒体の空気輸送技術において基本的な「高濃度輸送」の特性を実機適用の観点から
       まとめたもの。上記論文2,3,5,6,7,8,10がもとになっています。)

 
技術士
   ・部門 : 機械部門,総合技術監理部門 (登録No.:34368)
   ・選択科目 : 化学機械(機械部門),流体工学(総合技術監理部門)
   ・専門分野 : 空気輸送を中心とした粉粒体ハンドリング技術

 
その他:宅地建物取引主任,高校教員免許(工業),危険物取扱者(甲種),
       情報処理技術者(初級シスアド),
       知的財産管理技能士(2級)
,テクニカルイラストレ-ション(立体図作成)技能士(2級),
       労働安全コンサルタント(登録No.:機-741), など


(4)関連団体
 ・京都技術士会 (社)大阪技術振興協会粉体工学会
(社)日本粉体工業技術協会(社)日本技術士会


トップ アイコントップページへ戻る                                  次の部屋へ