直線上に配置

湖畔に春の訪れ野洲川(やすがわ)流域稚アユ釣り
(琵琶湖の周辺(2-1))
(平成13年3月18日撮影)

 琵琶湖の周辺にもやっと春がやってきました。ひましに暖かくなっています琵琶湖に注ぐ川を,稚アユが遡上を始めました。
 琵琶湖に注ぐ草津川の両側には,きれいな桜並木が続いています。そんな様子を写真におさめました。 

 
 (アユの拡大)  
     ↑↑  

この時期の風物詩といえば,琵琶湖畔での稚アユの釣りですね。琵琶湖に注ぐ野洲川の河口にある堰堤でも,稚アユ釣りをしている人がいました。まだ多くは釣れていませんが,あと1〜2週間もすれば,最盛期になるでしょう。餌は無くても,ハリだけで釣れます。体長5〜6cmです。 これは天ぷらにするとおいしいです!


この写真の斜め前方に近江富士御上山が見えます。


洲川の土手には,たくさんの「つくし」が芽を出していました。「つくし」を摘んで帰り,料理して食べました(頭と袴をとり,油でさっと炒めました)。ちょっと苦みがありましたが,おいしかったです。

 「つくし」はスギナと地面下でつながっています。
つくしが雌株,スギナが雄株です。

つくしからは,晴れた日にたくさんの胞子が放出されます。
<再生ボタンを押してください>
BS21NHK Eテレ2012,2,25
『ミクロワールド・
飛び出す
胞子 ツクシの秘密』から引用
<音声あり>



トップ アイコン トップページへ戻る                              前のページへ ,次のページへ