直線上に配置

伊吹山
(1) 化石を求めて (2) 登山ご来光
(琵琶湖の周辺(6))
(1)(平成30年8月2日撮影),(2)(平成13年8月5日撮影

  伊吹山は日本100名山の一つです。
伊吹山は,岐阜県との境にあり,滋賀県内では最も高い山です。
 (1377mで,あまり高い山とはいえませんが)。

(1)伊吹山に久しぶりに登ってきました(平成30年8月2日)。

・・・といっても頂上近くまでドライブウエイで行き,駐車場に車をおいて,そこから頂上までは遊歩道を登ったのですが,その遊歩道の途中で,ウミユリ(動物)の化石を見つけました。また,頂上(1377m)の標識の根元でも,同様の化石を見つけました。

 石灰岩でおおわれている岐阜県の大垣近辺〜伊吹山〜河内風穴近辺の山々は,2億数千年前に太平洋南部の海(パンサラッサ海というようです)の底にあったサンゴなどが太平洋プレートに乗って日本まで到達・衝突し,隆起したとされています。.

  ドライブウエイの登り口(関ヶ原)近くにあった鍾乳洞や先日(1週間前)の河内風穴,また頂上の化石などで,数億年?というスケールの大きな地球の歴史の一端が実感できました。 

(2)伊吹山夜間登山に誘ってもらい,ご来光を拝んできました(平成13年8月5日)。

JR近江長岡駅に近い麓をPM10:40出発,AM2:40山頂着で,頂上まで(車など利用することなく)歩いて登りました。登山道は,途中傾斜のきついところもありましたが,4時間でなんとか登れました。

山頂は少し寒く,仮眠を少し取った程度ですが,幸運にもご来光が望め,お花畑もきれいでした。


(1)化石を求めて
   
駐車場から遊歩道を登ります。     遊歩道でみつけたウミユリの化石   同左拡大     
     
       
               
     頂上で見つけた化石(左下部)   同左拡大 (ウミユリの化石)   頂上のヤマトタケル像     
         
       
       
 お花畑     お花畑    お花畑     
     
       
       
   三角点    頂上の店と休憩所   店の人にもらったフズリナの化石   
       
     
       
   頂上付近からの眺望    



(2)登山とご来光までの様子
(a)ご来光までの様子
@⇒A⇒B⇒Cと,空や雲の色の経時的に変化していく様子が,とてもきれいでした。

          (写真をクリックすると,拡大して見ることができます。)
@
まだ太陽は出ていません。
周りは,真っ暗です。
東の空に向かってただ待ちます。
A
空が白んできました。
太陽はまだ出ていません。
中央の高い山が
御嶽山(3063m),その左が乗鞍岳(3026m)および北アルプスと思われます。
B
太陽は最初は雲海に隠れていましたが,幸運にも,一瞬だけ,その間から一筋の光(ご来光)を放ちました。このとき300〜400人の観衆(?)から,拍手がわきました。
(上右の写真は,別の角度から撮ったもので,斜面に人々がいます。)
C
陽が昇り明るくなると,眼下にはシモツケソウの広いお花畑が広がっていました。


(b)お花畑
  
伊吹山は,地理的に,この山独自の植物(固有種)や薬草が多いことで知られたところです。
  伊吹山全体では,シダ植物以上の植物が1,250種もあり,そのうち山頂一帯のお花畑では約350種が見られるようです。
  (毒草として知られる
トリカブトの仲間の「イブキトリカブト」なんてのも有ります。)  
  
  山頂からの帰り道,登山道の周囲で観察された花々をいくつか写真に撮りました。

シモツケソウ(バラ科) クガイソウ(ゴマノハグサ科) メタカラコウ(キク科)
カワラナデシコ(ナデシコ科) クサボタン(キンポウゲ科) キリンソウ(ベンケイソウ科)
> ,8
シシウド(セリ科) クサフジ(マメ科) シオガマギク(ゴマノハグサ科)
オオバギボウシ(ユリ科) コオニユリ(ユリ科) (おまけ)伊吹山頂にある日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の像
米原市の「居醒の清水」のほとりにも有ります。

(c)頂上にて


(d)眺望
  伊吹山からは,眼下(雲の下)に長浜市琵琶湖を眺めることができました(前方は琵琶湖です)。




トップ アイコントップページへ戻る                 前のページへ ,次のページへ