直線上に配置

近江の街道
東海道(2)
琵琶湖の周辺(37)<義仲寺〜瀬田の唐橋>
(平成18年10月22,29日撮影) <音声あり>

 近江は,古来から東西の地域を結ぶ交通の要衝にあたり,左図のように,五街道に属する東海道中山道の他にも,数カ所の街道が整備されてきました。

 これらの街道やその周辺には,昔からいろんな人々が関わりを持ってきた歴史的な遺跡や文化が多く残っています。

しかし,普段それらに接する機会はほとんど無いというのが現状です。

そこで,一度これらを見て回りたいと思います。ただし短期間では,とても不可能なので,時間をかけて,ゆっくりと行く予定です。


今回は,東海道の義仲寺から瀬田の唐橋までです。

今回の東海道 : 義仲寺まで来た東海道は,膳所(ぜぜ)の町へと入ります。膳所は江戸時代には琵琶湖畔にあった膳所城の城下町として発達した町です。街道はジグザグに折れ曲がりながら,瀬田の唐橋に到達します。

ここでは,Aの地域を見ていきます。

(1)
はすでに見た
義仲寺です。

ここから東進して,(2)は天智天皇や大友皇子ゆかりの
法伝寺(ほうでんじ)石坐神社(いわいじんじゃ)です。

さらに(3)は,
響忍寺(こうにんじ)(4)和田神社です。

旧東海道を少し離れると,(5)六体地蔵北向き地蔵があり,(6)には昭和49年にかけられた近江大橋があります。

また,(7)は江戸時代に膳所城本丸のあった場所(現在は膳所城跡公園です。

(8)膳所神社です。

(9)の近辺は膳所藩の武家屋敷跡で,土塀がその面影をとどめています。




Bの地域へ






←<緑の道が旧東海道です。>

 


Aの地域
 
(1)は,東海道(1)で記述した義仲寺です。

 
(2)は,旧東海道に面した法伝寺(ほうでんじ)石坐(いわい)神社です。
  (a)法伝寺(ほうでんじ)
   天智3年(664年),天智天皇(626〜671,在位668〜671)により建立された寺です(真宗,仏光寺派)。
   壬申の乱で叔父の大海人皇子(後の天武天皇)に敗れ,25歳で自害した
大友皇子を,子の與多王(よたおう)が
   住職となり,弔いました。その後は,代々の大友一族によって守られてきました。現在も大友家がお守りしており,
   63代めにあたるそうです。

   この寺には「(天皇に背いた“国賊”としての大友皇子を祀っていることを)言うな,見せるな」という厳しい規律が
   あったようで,長い間世間に伏せられて来ました。 
   公開されたのはつい最近,25年前に1,300年祭を行ってから後だそうです。
   (⇒NHKの「その時歴史が動いた」の番組で公開されました(平成18年2月8日)。)

<再生ボタンを押してください><音声あり>

(NHK-TVその時歴史は動いた
 
(2006,2,8放送より引用)

(出演は大友氏-大友皇子の掛け軸を前に)

  大友皇子は,我国最初の漢詩作りの元祖ともいわれ,明治になって正式に弘文天皇と追認されました。
   (根拠は,神武天皇から堀川天皇までの記述がある平安時代末期の「扶桑略記」や,神武天皇から
  仁明天皇までを記している12世紀成立の「水鏡」に大友皇子が近江朝廷で即位していたと書かれているため。)

                   
 
(「天智天皇御尊牌奉安 法傳寺」とあります。) 法伝寺
(玄関の表札は,大友姓です。)
      法伝寺
(天智天皇と大友皇子の位牌,大友皇子の像,與多王の木造などが祀られていました。)
 (大友皇子
(許可を得て撮影)

(参考) 大友皇子を祀る鳥居川御霊神社が,Bの地域(16)にあります。
 
 (b)石坐神社
(いわいじんじゃ)
  この神社の祭神は,(a)海津見神(わたつみのかみ),(b)天智天皇,(c)大友皇子,(d)伊賀采女・宅子(いがのうぬめ ・やかこ;
  大友皇子の母),(e)豊玉比古命(とよたまひこのみこと),(f)彦坐王命(ひこいますおうのみこと)です。
  大友皇子座像,伊賀采女・宅子座像などが祀られています。
社伝によれば,干害の際,お祈りをしたら願いが叶ったので信仰が厚かったそうです。

(3)は,旧東海道に面した響忍寺(こうにんじ)です。
ここは真宗大谷派のお寺で,表門は堂々とした長屋門(元武家屋敷の門)です。

東海道はこのお寺の前で,直角に曲がります。

(4)は,旧東海道に面した和田神社です。
この神社の創始は白鳳4年(675年)とされ,本殿は鎌倉時代の建築です。
(表門は,江戸時代の膳所藩校遵義堂(じゅんぎどう)の移設です。)
右のイチョウは,高さ25m,幹周は4.5mもの大木で,樹齢は600年以上だそうです。
石田光成が関ヶ原の戦いで敗れ,京都に護送された際に繋がれたとの伝えもあるようです。




(5)は,東海道から少し入った所で,江戸時代からある六体地蔵です。
このお堂は,もともと膳所藩のお碗倉であったとされ(屋根瓦に立葵紋
(たちあおいもん)が有ります。),中には300年以上前からここにあるといわれる六体地蔵が祀られています。お堂の斜め前にある石橋も,膳所城廃城の際に移されたものだそうです。
  (立葵紋) (写真を撮っている時にもおばあさんがお詣りに来ました)

(6)は,現在の近江大橋です。この橋は昭和49年完成,有料でしたが2014年に無料化されました。長さ1290mです。
  右の写真は,近江大橋のそばに咲いている
びわこ草(愛称)の群生の様子です。
近江大橋
下は瀬田川(琵琶湖から流出する
唯一の川)です。
(「びわこ草群生地」という看板がありましたが,実際は植えたもののようです。。。)
(前方は大津プリンスホテルです)
(↑この花は,ヒルザキツキミソウが本当の名前です。琵琶湖大橋のそばには,浜昼顔が群生しています。)

(7)は,膳所(ぜぜ)城跡公です。
膳所城は慶長6年(1601年)関ヶ原の戦いの後,すぐにこの場所に築城されました。
4層の天主郭を有し,琵琶湖に突き出す形で築城され,現在は道路になっている門の前は,お堀になっていたようです。
しかし明治維新後に,廃城となりました。その際,城門が近くのいくつかの神社に分けて移設されました。

琵琶湖側
(公園門の前の道路(湖岸道路)。昔はお堀でした。 江戸時代の膳所城下の再現模型
(現在,紫の線部分に左写真の道路が通り,線より右側が膳所城公園になっています。)
(公園内の様子です。)

(8)は,膳所ぜぜ)神社です。
この神社の祭神は食物をつかさどる豊受比売命で,奈良時代の創建です。
(膳所城から移設された荘厳な門です。
瓦には立葵紋があります。)

(9)は,このあたりに多い武家屋敷の様子です。

今回見た街道筋の花々: きれいな花をたくさん見ることができました。その一部です。

Bの地域へ

   

<参考文献>
1. 「<近江歴史街道>近江東海道」,木村・樋爪・八杉・米田著,1996,3,30,サンライズ出版刊

トップ アイコントップページへ戻る                                          前のページへ