直線上に配置

湖北の観音様を訪ねて
十一面観音
琵琶湖の周辺(51)
(平成20年4月12日撮影


湖北(余呉町,木之本町,高月町)には56〜57ものお寺があり,その数以上の仏像(十一面観音様や薬師如来など)があります。
静かな落ち着いた地域で,無住のお寺も多く,住民が心をこめてお世話されており,観音の里」と呼ばれています。

高月町向源寺の渡岸寺十一面観音は有名ですが,一度拝観しているので(東京国立博物館にて),そこには行かず,以下の各所を訪れました。

湖北はちょうど桜の満開の時期で,観音様も桜を愛でているようでした。

<高月町>
(1)冷水寺
(2)西野薬師観音堂
(3)正妙寺

(4)赤後寺
(しゃくごじ)
<木之本町>
(5)石道寺
(しゃくどうじ)
(6)己高閣(ここうかく),世代閣(よしろかく)
渡岸寺
十一面観音

(パンフレット
より引用)

冷水寺
ここは無住で,村人がお世話されていました。小さなお堂に座像の十一面観音が安置され,その横には,村人手作りの「日本一小さな資料館」がありました。
冷水寺案内板 資料館の看板 体内仏
冷水寺観音堂 「世界一小さい資料館」     十一面観音座像
(仏像の鞘仏(さやぼとけ)となっています)
 体内仏(聖観音菩薩座像)は,今から1300年前僧・行基が刻んだものとされ,賤ヶ岳の戦い(天正11年,1583年)の際,この寺(安浄寺)も火に包まれ,大きく焼損してしまいました。村人達は小さなお堂を建てて祀っていましたが,江戸時代(元禄12年(1702年))に十一面観音の鞘(さや)仏を造り,痛ましいお姿を体内に納めたそうです。
平成8年,屋根の修復工事の際に,実際に伝承どおり体内仏の姿が確認され,感激した村人達が手作り資料館を造ったのだそうです。
  

西野薬師観音堂
(充満寺)
こちらも無住で,電話をして村の当番の方に来てもらい,開けてもらいました。
十一面観音と薬師如来の前でお辞儀をして,間近に拝むことが出来ました。
ここも無住のお堂でした。

左:十一面観音(平安時代初期作),
右:
薬師如来(平安時代中期作)。
(黒っぽいのは漆の色です。)
映像はNHK「ぐるっと関西プラス」
から引用
(H19,12,15放送)
戦国時代,もともとこの2体は近くの泉明寺という所にあったそうですが,戦乱でお堂が焼ける中,村人が命がけで運び出したものだそうです。

正妙寺
小高い坂(階段)の上に,十一面千手千足観音は,ひっそりとおられました。
ここも無住で,村人に扉を開けてもらいました。

高さは42cmと小さい仏像でした。
(この種の仏像は全国的にもここだけのようです。)
元々は近くの村を治めていた豪族の奥方の守り仏だったとか。戦火でお堂が焼け出されていたのを村人が祀ったようです。 映像はNHK「ぐるっと関西プラス」
から引用
(H19,12,15放送)

赤後寺 お寺なのに,神社の中にありました。無住で,村人に扉を開けてもらいました。
戦火の中,村人が川の中に隠して守ったという観音様は,手が取れたいたましい姿でした。


赤後寺はお寺なのに神社(日吉神社)の境内の中にありました。 千手観音,聖観音はこの中におられます。造りが東照宮などと同じとのこと。
千手観音 聖観音
(パンフレットより引用)
戦国時代に,村人たちが土に埋め,川に沈めて戦火から守った千手観音と聖観音です。
特に千手観音は,頭上の仏面全部を失い,左手7本,右手5本の肘から先をなくされ,
非常に痛々しいご様子です。そのため,2体とも長年秘仏とされてきました。

聖観音は「
コロリ観音」ともよばれています。
この「コロリ」は,「災い
じて,となす」の「転利(コロリ)」からきているようです
長患いなく極楽往生できるほか,眼病やコロッと産める(安産)というご利益があるそうです。

石道寺 この観音堂も無住で,当番の村人が開けてくれました。
観音堂は,桜の向こう側に見えます。

石道寺の十一面観音
(十一面観音の口には紅がさしてあり,優しそうなお顔だちでした。)
(パンフレットより引用)
石道寺は,神亀3年(726年)延法上人が創建し,その後延暦23(804)年伝教大師(最澄)が十一面観音を祀り再興したとされます。現在の観音堂は,明治年間に,約1km離れた地点から移築されたそうです。

己高閣,世代閣 これらは,観音様の収蔵している建物の名前です。同じ場所に2棟あり,村人が管理されていました。
己高閣(ここうかく)
世代閣(よしろかく) 鶏足寺の十一面観音 戸岩寺の魚籃観音
(住民が建設費を負担したそうです) 己高閣蔵 世代閣蔵
(パンフレットより引用) (パンフレットより引用)
己高閣・世代閣の東方には,己高山(こだかみやま)(923m)があり,そこには奈良時代に一大仏教圏があったようです。ここの収蔵庫には当時の仏像90体などが納められています。


  

<<参考1>>
平成18年11月に訪れた木之本町の医王寺の十一面観音です。  

医王寺 ここも無住で村人が扉を開けてくれました。
医王寺(手前)と観音堂 医王寺観音堂 十一面観音
(平安時代作,桧の一木造)
明治の中頃,当時の住職が長浜の古物屋でこの仏像を見つけ,ここまで背負ってきたのだそうです。

<<参考2>>
平成19年1月に訪れた大津市坂本にある盛安寺の十一面観音です。
盛安寺

以前は手前の観音堂におられましたが,現在は後方の収蔵庫におられます。
桧の一木造りで,像高179cmです。
製作年代は平安初期,十一面四臂という形式です。
地蔵さんとの合体思想で,お顔は丸く,杖を持っています。
この十一面観音は,その昔天智天皇が造営した大津宮の時代に,比叡山南方の山中にあった崇福寺(すうふくじ)におられました。(崇福寺は「枕草子」でも記述されているお寺で,現在の様子(崇福寺跡)は,こちらです。

<参考文献>
1. 「近江観音の道」 編集・発行:」近江文化を育てる会,1999,12,20サンライズ出版刊
2. 「観音めぐり」パンフレット
3. 「奧琵琶湖 観音路」パンフレット
4. 「星と祭」井上靖著,1981,3,10,角川書店刊
   トップ アイコン  トップページへ戻る    前のページへ次のページへ