直線上に配置


粉粒体ハンドリングの利点と装置の分類
 
<粉粒体ハンドリングの部屋(1)>
 ここでは,粉粒体の形で扱うことの利点と,各種ハンドリング装置の分類をしています。

粉粒体ハンドリングの利点多くの工業素材を粉粒体の形で扱うのは,次の理由によります。
(1) 均質性が得やすくなります。
(2) 物理的・化学的加工操作が容易になります。
  (物理的,化学的に活性となり,反応性が向上します)
(3)機械的処理が容易になります。
(4) 運搬,分配,集合が容易になります。
(5) 貯蔵・保管が容易になります。

 
すなわち,粉粒体としての物性が生かせるとともに,取扱いが非常に容易になるためといえます。

粉粒体ハンドリング装置の分類以下のように,目的に応じて多くの装置があります。
(1) 粉砕装置 粉粒体を砕き,粒度を小さくする 粉砕機,ミキサー等
(2) 貯蔵装置 粉粒体を貯蔵,保管する サイロ,ホッパー,タンク等
(3) 排出装置 貯蔵装置から排出,抜き出しする テーブルフィーダ,ロータリーバルブ等
(4) 供給装置 粉粒体を移動運搬する(元の)部分 ロータリーバルブ,スクリューフィーダ,テーブルフィーダ,振動フィーダ等
(5) 空気輸送装置 粉粒体を,配管内を流れる空気等の力にのせて輸送する 低濃度高速(浮遊)輸送装置,高濃度低速(プラグ)輸送装置
(6) 混合装置 粒度や形状等が異なる粉粒体を均一に混ぜる ブレンダー,ミキサー等
(7) 流動化装置 下部からエアレーションし,粉粒体を流動化する 空気輸送装置や乾燥装置等
(8) 固/気分離装置 空気等と粉粒体の混合物から,両者を分離する バグフィルター,サイクロン等
(9) 分級/分離装置 粉粒体を粒度別,形状別等に多段階に分ける フロスセパレータ,シフター等
(10) 造粒装置 微粉を固めてペレットや顆粒を作る 造粒機等
(11) 乾燥装置 粉粒体から水分を除去する 流動乾燥機,気流乾燥機等
トップ アイコン>トップページへ戻る                              前のページへ ,次のページへ